管理栄養士が見るポイント。危険性の高い添加物一覧まとめ

管理栄養士が見るポイント。危険性の高い添加物一覧まとめ

  • 2019年3月14日
  • 2019年6月5日
  • 健康/体
  • 26view

こんにちは、森の熊♂です。

今日は管理栄養士の妻が買い物をする際に気にしている「危険性の高い添加物」についてまとめました。

 

危険性の高い添加物一覧

現在、指定添加物は約450品目ほど、既存添加物は約360品目ほどありますが、その中で危険性の高い添加物というのはごく一部です。

それらを避けることにより添加物摂取による害をかなり軽減することができると思われます。

それでは、

「発がん性の疑いがある添加物」

「発がん性が認められた添加物」

「催奇形性が認められた添加物」

「体内で異物となり障害をもたらす可能性のある添加物」

「毒性が強く障害をもたらす危険性がある添加物」

に分けて、それらを挙げていきたいと思います。

発がん性の疑いがある添加物

亜硝酸Na(発色剤)

ウインナーソーセージやハム、ベーコンや明太子などに使われています。ただし、亜硝酸Naそのものというよりはそれが変化したニトロソアミン類に強い発がん性が認められています。

タール色素(赤色〇号、青色〇号、黄色〇号、緑色〇号など)

赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号

黄色4号、黄色5号

青色1号、青色2号

緑色3号

その化学構造や動物実験の結果などからいずれも発がん性の疑いがもたれています。

アスパルテーム(甘味料)

ラットを使った実験で、白血病リンパ腫を起こすことが示唆されています。

また、人間では脳腫瘍の発生との関係が疑われています。

カラメルⅢおよびカラメルⅣ(着色料)

カラメルⅢカラメルⅣには動物実験で発がん性が認められる4-メチルイミダゾールという物質が含まれています。カラメルⅠとカラメルⅡにはさほど強い毒性はないようですが、市販されている食品ではカラメルの種類が特定できないものがたくさん存在していますので注意が必要です。

サッカリンおよびサッカリンナトリウム(甘味料)

酢だこガリ(回転寿司などの生姜漬け)などに使われ、動物実験で発がん性の疑いが持たれています。

 

発がん性が認められた添加物

赤色2号(着色料)

日本では業務用のかき氷シロップなどに使われます。アメリカでは発がん性の疑いが強まり使用が禁止されています。

OPPおよびOPP-Na(防カビ剤)

輸入品の柑橘類などのカビの発生を防ぐために使われています。ラットの実験で発がん性が認められました。

過酸化水素(漂白剤)

数の子の漂白などに使われています。一応「最終食品の完成前に分解または除去すること」という使用条件があるため、商品化された食品では取り除かれている事になっていますが、そういった毒素に漬かった製品が私たちの食卓に出るということです。マウスの実験で十二指腸がんの発生が認められています。

臭素酸K(小麦粉改良剤)

ラットの実験で腎臓や腹膜中皮腫にがんが発生しました。ヤマザキパンの「芳醇」「超芳醇」「超芳醇特選」「ランチパック」などに使用されていましたが、現在は使われていません。

BHA(酸化防止剤)

煮干しなどに使われています。ラットの実験で胃がんが発生しています。

催奇形性が認められた添加物

TBZ(防カビ剤)

OPPと同様に輸入の柑橘類などに使われています。妊娠したマウスの実験で催奇形性が認められています。

体内で異物となり障害をもたらす可能性がある添加物

スクラロース(甘味料)

有機塩素化合物の一種で、妊娠したウサギの実験で流産などが発生しています。またラットの実験では免疫力低下の可能性が示されています。

アセスルファムK(甘味料)

犬の実験で肝臓のダメージ免疫力低下の可能性が指摘されています。

毒性が強く障害をもたらす可能性のある添加物

安息香酸Na(保存料)

急性の毒性が強く、ビタミンCと化学反応を起こして白血病を起こすベンゼンに変化することがあると言われています。

亜硫酸Na、次亜硫酸Na、ピロ亜硫酸Na、ピロ亜硫酸K、二酸化硫黄(漂白剤、酸化防止剤)

亜硫酸Naは4グラムの経口摂取で人間に中毒症状を起こします。いずれも胃の粘膜を刺激し、ビタミンB1欠乏をひきおこして成長を阻害する可能性があります。

二酸化硫黄は亜硫酸塩と表記されることもありワインなどの酸化防止剤としても使用され頭痛を起こす事があります。

まとめ

いかがでしたか?

これらの添加物はほとんどが用途名併記です。

このように現在の実験で上記のことが現実として分かっています。

どこまで気にするのかはその方の価値観によっても様々ですが、知っていて損はないと思います。

個人的な考えですが、これらが使われている製品は私はなるだけ避けるようにしています。

あくまで管理栄養士の妻による個人の見解ですが、参考にしていただければと思います。

管理栄養士が見るポイント。危険性の高い添加物一覧まとめ
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG