「ヘルニア・狭窄症」が 術後なぜ再発するのか?

「ヘルニア・狭窄症」が術後なぜ再発するのか?

こんにちは、森の熊♂です。

今回は「ヘルニア・狭窄症」が術後なぜ再発するのか?

について動画を撮ってみました。

以下内容です。

ヘルニアや狭窄症は脊柱管の中で神経を圧迫している状態

手術で圧迫を取り除くと痛みは改善されることが多い

痺れなどは残存する事が多い

 

術後半年ほど症状が落ち着いていても、その後再発する患者さんが一定数みられる

骨を削る事で骨自体の支える力が劣る

ヘルニアなどで患部以外が悪化し、腰部に負担が集中する

柔軟性、筋力が不十分のまま回復していない

 

術後医師の手を離れてからする事

体に合わせたセルフリハ。腰痛の全体像マップで自分にとって腰痛の原因となり得るものを見つけて先回りして2次的、3次的な症状が出る事を予防しよう。

 

あなたを「腰痛から解放」する、森の熊♂の無料メルマガ♪

「ヘルニア・狭窄症」が 術後なぜ再発するのか?
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG