腰痛になる原因は一人ひとり異なっている

腰痛になる原因は一人ひとり異なっている

こんにちは、森の熊♂です。

私が腰痛のセミナーや整体を行う時、お客様に

「腰痛ってどんな原因でなるんですか?」

と良く聞かれます。

今回はその内容についてお話ししたいと思います。

腰痛の原因は一人ひとり異なっている

「なぜ腰痛になるんですか?」

と聞かれたときに、

「腰痛は○○が原因で起こりますよ!」

と明確に答える事は難しい事だと思っています。

なぜなら、

「腰痛というものはその患者さん個人個人で生活スタイルや状況で原因が全く異なってしまうモノだから」

です。

腰痛というものの原因には非常に多くの可能性が考えられるのです。

ですが、腰痛の原因を考えていくうえで「原因を探る順序」というものが存在し、私はその順序に沿っていつも腰痛の原因を考えていきます。

腰痛の原因を見つける為の大切な「順序」

結論から言うと順序は以下の様になります。

  1. 特異的腰痛か非特異的腰痛かを専門医で診断してもらい、特異的腰痛であればその治療を受ける
  2. 非特異的腰痛であれば、身体的な部分において腰痛の原因となりえるものをすべて検査する
  3. 脳の不調や心理的な問題が生じていないか検査する

1.から順番に考えていき、原因が特定できなければ2.その次に3.へと順番に検査をしていきます。

特異的腰痛か非特異的腰痛かを専門医で診断してもらい、特異的腰痛であればその治療を受ける

以前、腰痛の中には医学的に原因が特定できるモノが15%と、原因が特定できないモノが85%存在するというお話をしました。

原因が特定できる15%を「特異的腰痛」と言い、これらには骨の腫瘍や感染症、骨折、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などが挙げられます。レントゲンやMRIなどの画像所見にて確認できる疾患です。

まず、腰痛の原因を見つけるにあたってしなければならない事は、信頼できる整形外科の専門医の診察を受け、この「特異的腰痛」かどうかを判断してもらうという事です。

その中で画像所見的になにか問題があればその問題を解決するために医師の力を借りてその病気を治していきましょう。

画像所見的に問題が無ければ「非特異的腰痛」という事になり、次のステップに進みます。

非特異的腰痛であれば、身体的な部分において腰痛の原因となりえるものをすべて検査する

次にしなければならないことは非特異的腰痛が身体のどこかが悪くて出ているものなのかを徹底的に検査する事です。

このステップはとても重要なファクターとなります。

ここで原因を見逃してしまう事は、腰痛が治らないという事に直結してしまうのです。

例えば

  • 腰痛はどんな時が痛いのか。
  • 寝ている時も痛いのか、起きている時に痛いのか。
  • 体を前かがみにした時に痛むのか、後ろにそらした時に痛むのか。
  • 体を横に倒したらどうか、腰をひねると痛いのか。
  • 立っている姿勢はどうか、歩く時の体の運動連鎖は正しく行えているのか。
  • しゃがむ時踵は浮くのかどうか。
  • 骨盤は前傾しているか後傾しているか。

等々、これらは私が行う身体検査(評価)の一部ですが、様々な要因を検査していく必要がありますし、その原因は1つだけでは無く、いくつもの原因が混在している事が多いでしょう。

脳の不調や心理的な問題が生じていないか検査する

身体的な原因を探り終わったら最後に脳の機能不全や脳の勘違いなどの脳に問題があるケースや心理的な要因はないかの検査をします。

脳の機能不全と言われてもどういう事だ?と思われる方も多いかと思いますが、このケースは意外と多く見受けられます。

例えば、以前交通事故などで足を無くした方が義足で生活をしていたとして、ふとした時に無いはずの足の指が痛いという症状を訴えられる事があります。

これは「幻肢痛」と言って脳の痛みの誤認知によって起こる症状の1つです。

もちろんその足は存在しない為、本来その無い足の指に痛みを感じる事は無いはずなのです。

この様に脳の不調ともいえる症状が出ている場合はその不調を解消しさえすれば痛みは落ち着きます。

脳が痛みに対して臆病になり、過敏になっている状態(過敏脳)や、ストレスの影響で体に症状が出ている状態(身体表現性障害)などはこのステップに該当します。

これらの症状はステップ2の体に原因があるものと同時進行形で出ている事もあるため注意が必要です。

体に原因があるものを改善させるためにストレッチなどの運動を指導し、体の原因が改善しているにも関わらず、痛みが減らないといった場合は、脳の機能不全や心理的な問題が発生している可能性があります。

見逃さない様にしなければいけません。

まとめ

今回は腰痛の原因を見つける為に私が気を付けいてる順序についてのお話をしました。

特に「特異的腰痛」かどうかを専門医に診察してもらうのはとても重要な事になります。

「特異的腰痛」に関しては私は原則として病院で治療するべきものだと考えています。

私がお話しする「腰痛」の対策は原則として「非特異的腰痛」についての対策となります。

まずはご自身の腰痛の原因が医師の診察で判明するモノなのかどうかをしっかりと把握して、もし「非特異的腰痛」と分かれば、そこからしっかりと原因を深堀りして見つけていく必要があります。

 

腰痛になる原因は一人ひとり異なっている
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG