腰痛と寝返りの関係

腰痛と寝返りの関係

こんにちは、森の熊♂です。

何をしても痛い腰痛。何もしなくても痛い腰痛。ツライですね。

私が関わる患者さんにも、慢性的な腰痛に悩んでいる方には、朝目が覚めた瞬間に腰が固まった様な痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。

腰痛と睡眠時の寝返りは実は密接に関係しているのです。

今回はそんなお話しをしていきたいと思います。

睡眠で最も重要なのは寝返り

私が睡眠で最も重要だと考えているのは「寝返り」です。

睡眠中にうまく寝返りがうてないと腰痛のリスクが高くなります。

寝返りをたくさんうっている方がじっと寝ている人よりも眠りが浅いような気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、実は逆で、寝返りをしっかりとうてているのは腰の負担を分散することが出来ている証拠なのです。

寝返りをあまりうたずにじっとしている方の場合は、一見するとしっかり寝ていて、背骨の軸(アライメント)もズレない様に感じますが、体の圧力を分散出来ずに一点に圧が集中してしまい、体には余計に負担が掛かってしまいます。

また、体の軸に関しても、体の正面から見たら「真っ直ぐ」であっても、体の側面から見れば背骨がきれいな軸(S字)となっていない場合が多く、結果としてスムーズに寝返りをうてる方が体の負担は減る事になります。

寝返りをすると血行が良くなる

腰痛を改善させるために重要な考え方として腰回りの筋肉の血行を良くすることが挙げられます。

ずっと同じ姿勢で寝ていると体の一部に負荷がかかり続け血管が圧迫されます。その結果、血液がうまく体全体にいきわたらなくなります。

血液がうまく回らないと老廃物などが流せなくなり、こりや痛みの原因となってしまいます。

朝、起きた時に腰が固まって痛いと感じている方は、もしかしたら寝返りがうまくできておらず、血液の循環が悪くなっているかもしれません。

「やや張りのあるマットレス」のススメ

私が「寝返りが重要」だと考えている事は、今までの説明でご理解いただけたと思います。

こういった視点を通して考えると、腰痛をお持ちの方が良かれと思って間違えている事が多くあると分かってきます。

例えば布団やマットレスの問題点について。

「寝る時はふかふかの布団が一番!」と思っていませんか?

実はこれ、危険です。

ふかふかの布団というのは一見柔らかくて体を包み込んでくれる為、腰に優しいのではないかと考えがちですが、体が沈み込むという事は、寝返りを考えたらどうでしょうか?

やりやすいですか?

掛け布団が軽いのは大事です。

掛け布団は軽いほうが寝返りがうてます。

しかし、マットレスや敷布団に関してはやや張りがあるマットレスが最も寝返りには適しています。

柔らかすぎるマットレスは寝返りがうちにくく、腰に悪い影響を与えている事があります。

ふかふかの布団は気持ちよくて良く眠れそうなイメージがありますし、実際魅力的に感じる事もあるでしょう。

しかし、入眠時の快適さと、睡眠中の体の負担は別の問題なのです。

マットレスは「やや張りがあるモノ」掛け布団は「軽いモノ」が腰痛の方への私のオススメ出来る商品になります。

とにかく「寝返りがしやすいモノを選ぶことが最も大切なキモになります。

マットレスはとても重要視しており、私自身も約10万円のモノを購入し使用しています。

10代の頃から10年ほどは安物のマットレスを使用していたのですが、良いものを知るともう戻れなくなります。

これがまた、めちゃくちゃ体が楽なんです。

本当、これを知った時はマジで感動しました。

ですが、それと同時に今までなんてもったいない事をしていたんだ、バカだった、と少し落ち込みもしました。

人間は人生の約1/3は睡眠をとっているので、腰痛を本気で治したいのであれば、ここにはお金をかけるべきなんです。ここを無視したらせっかく治療しているのに、もったいないんです。

実際、腰痛でなくても私はマットレスだけは良いものを使うべきだと思っています。

睡眠の姿勢や除圧、寝返りは本当に腰痛ではとても重要な要素となります。

↓これは私がオススメするマットレスです。

四層構造が織りなす未体験の寝心地「エムリリーハイブリッドマットレス」

毎日使うものですから、1日の使用料と考えると睡眠の質を上げる腰痛対策というのはコストパフォーマンスめちゃくちゃ良いですよ!

眠りを深化させる『エアキューブマットレス』

これは持ち運びも出来るマットレスです。高額のマットレスには劣ってしまう部分もありますが、価格と機能の面から言えばとてもオススメです。

抱き枕は良くない?

腰痛のコラムなどで楽な姿勢になるために「抱き枕を使用してもよい」というものを見かける事があります。

しかし、私個人的な意見ですが、抱き枕はあまり良いものではないと考えています。

なぜかというと、これも寝返りのしづらさに関係するからです。

抱き枕を使用すると明らかに寝返りの質や回数は減少し、寝返りしづらい環境となってしまいます。

寝返りが出来ないという事は、体圧分散という観点からも圧が分散されず、推奨出来ないものになります。

睡眠時の体のポジショニングは痛みがない、楽な姿勢を探してその姿勢をとる事は良い事だと思います。

しかし、その姿勢からの寝返りについては必ず考えなくてはいけません。

病院などでもクッションや枕を使ったポジショニングを提供していることがありますが、そういった病院は必ず看護師さんが時間ごとに患者さんのポジショニングを変更するなどの除圧をして、寝返りをうたせています。

そうしないと褥瘡(床ずれ)が起きてしまうからです。

元々、抱き枕を使いたいと思っている方は使用されているマットレスや枕自体があっていない事が多くあります。

高すぎたり、低すぎたり、枕を2つ以上使われていたりする場合は、特にご自身にあっていない事が考えられます。

私の患者さんにも「抱き枕が無いと寝れない」とおっしゃる方がいらっしゃいました。

ですが、その方もマットレスと枕を変更したことにより、現在は抱き枕を使用せずしっかりと睡眠をとる事が出来ています。

因みにその方は、枕とマットレスを変更しただけで腰痛が消えました。

その方は、睡眠時の問題が腰痛の原因となっていたケースでした。

「私は抱き枕が無いと寝れないんだ」と思われても、すぐに抱き枕の使用を検討されるのではなく、一度ご自身の使用しているマットレスや枕について見直してみてはいかがでしょうか?

 

あなたを「腰痛から解放」する、森の熊♂の無料メルマガ♪

 

腰痛と寝返りの関係
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG