入浴など腰を温める行為と腰痛との関係性

入浴など腰を温める行為と腰痛との関係性

こんにちは、森の熊♂です。

今回は入浴など腰を温める行為と腰痛の関係性について、お話をしたいと思います。

腰を温める事(入浴など)は「大多数の腰痛」に対して、とても良い効果をもたらす

結論から言うと、入浴などの腰を温める行為は「大多数の腰痛」に対して、とても良い効果をもたらします。

入浴による一番の効能は何と言っても血液循環の改善です。

シャワーだけで済まさず、しっかりと入浴すると、温浴効果で全身の血流が良くなり、副交感神経が優位になり、体はリラックス状態になります。

リラクゼーション効果と血流の改善が起こると、筋肉自体も緩みやすい状態となり、腰痛の原因の1つである筋肉の緊張(こわばり)の緩和も期待できます。

また、入浴後など、血流が改善し、リラックスできている状態の時にストレッチを行うと、より筋肉の伸張性(伸び)は改善しやすくなります。

このタイミングを逃さずに、ストレッチを行っていくとなお良い効果が期待できますよ。

ただし、お湯が熱すぎると体は交感神経優位の緊張状態となるため、注意が必要です。

熱すぎるお風呂は逆効果にもなりえます。

40℃以下のお湯にゆっくりと浴槽に浸かる様にしましょう。

入浴の時間の目安はご自身がリラックスして浸かっておける範囲で構いません。

「○○分は入らないといけない」と思うとそれがストレスになってしまう場合もあります。

入浴はリラクゼーション効果も期待するものでもありますので、色々と「こうしなければダメ」と思うのではなく、あくまでご自身がリラックスできる入浴のスタイルに合わせてください。

入浴が悪影響を与えるかもしれない「腰痛」も存在する

今まで腰痛には入浴が良いというお話をしてきましたが、あくまでそれは「大多数の腰痛」に対してのお話です。

ほとんどの場合は、ゆっくりお風呂に浸かることは良い結果を招きます。

しかし、稀にお風呂が痛みを助長してしまう事もあります。

それは、

  • 炎症が起こっている場合
  • 自律神経系の異常がある場合

などです。

炎症が起きている場合というのは、ぎっくり腰の直後など、筋挫傷など筋肉の炎症が起きている状態です。

私たちの世界ではこの時期を急性期と言います。

急性期は炎症がバンバン起きています。足の捻挫をイメージしてください。その場合もこれに当たります。

こういった時期(急性期)は炎症を抑える為に冷やす事が大切になります。

お風呂に入ると痛みが強くなるような場合は温めるのは避けましょう。

もしお風呂あがりなどに余計に辛くなることがあるようであれば、あまり温めることなく、冷やしてあげることで楽になるかもしれません。

おまけ(湿布の話)

おまけに湿布のお話をしておきます。

湿布にも冷湿布と温湿布があります。最近ではテープ剤と言って常温のテープの様に張り付く貼り薬も良く見かける様になりました。

実は冷湿布と温湿布には患部を冷やしたり温めたりする効果はほとんどありません。

ですので基本的には冷湿布と温湿布は好みで使用して構いませんが、急性期の場合はアイシングを併用する場合がありますので、やはり常温のテープ剤もしくは冷湿布の方が使い勝手がいいかもしれませんね。

最近の臨床では温湿布を見かける事はとても少なくなりました。

因みに、湿布(パップ剤)とテープ剤の場合は同じ成分の商品の場合、テープ剤の方が粘着力の高さから効力が高い場合が多いですが、逆に言えば貼り薬まけしやすいとも言えます。

また、皆さん貼り薬というと「お薬」のイメージがあまり無いのかもしれませんが、貼り薬には消炎鎮痛剤(痛み止め)の飲み薬などに含まれる成分と同様の成分が含まれているモノもあります。

ですので、痛み止めの飲み薬を飲みながら湿布をたくさん貼っている場合、薬剤の使用可能用量を超えて薬剤を体内に摂取してしまうリスクもあります。

医師より湿布と痛み止めの飲み薬を出されている場合はその指示に従って使用すれば問題ないですが、痛み止めや湿布を市販薬で済ませている様な方は、要注意です。

私の関わった患者さんの中にも市販薬を併用して使用されている事で、用量を超えてしまっていた方がいらっしゃいました。

幸い重篤な問題になる前に気が付き軌道修正できたため、大事に至らなかったですが、こういった場面には意外と多く遭遇します。

薬は用法用量を間違えると薬ではなく毒になってしまう事がありますので十分にお気を付け下さいね。

 

あなたを「腰痛から解放」する、森の熊♂の無料メルマガ♪

 

入浴など腰を温める行為と腰痛との関係性
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG