血糖値が高いと起こる血管への影響、高血糖はダメ?

血糖値が高いと起こる血管への影響、高血糖はダメ?

  • 2019年3月3日
  • 2019年5月5日
  • 健康/体
  • 25view

こんにちは、森の熊♂です。

健康診断などで「血糖値」を気にされている方も最近増えている様ですね。

皆さんも耳にする機会があるのではないでしょうか?

でも、血糖値が高い事をなぜ気にしないといけないのでしょうか?

ご存知でしょうか?

今回は、とりあえず知っていた方が良い「血糖値」についての基礎的なお話をしておこうと思います。

血糖値はなぜ上がるの?

まず、血糖値が上がるというのはなぜ起こるのかをお話しします。

血糖値が上がるというのは、普通に健康な方でも起こる現象です。

私たちが日々食事をとるとその後血糖値は上昇します。

メカニズムを解説すると

食事をとる → 胃で殺菌消化される → 腸で栄養(糖など)を吸収される → 吸収された栄養(糖など)は血液に乗り全身に配られる → 全身で栄養(糖など)が消費される → 余ったものは脂肪として身体につく

となります。

この血液にのっている栄養の中に「糖」が含まれています。

ケーキやお菓子など、そのまま「糖」のものを食べると一気に血糖値は上がりますし、「炭水化物」も「糖」ですので、ごはんやパン、芋や麺類なども「糖」ということになります。

 

健康な人と糖尿病の人の違い

上記の話の中で、血糖値が上がるメカニズムはお分かりいただけたと思います。

では、健康な人と糖尿病の人では何が違うのか考えていきましょう。

糖尿病の方は病院でも血糖値を気にするように指導されている場合が多いと思います。

ですが、健康な方には血糖値の事を細かく指導することはありませんよね?

この違いは何なのでしょうか?

これは、血液の中に栄養(糖)が吸収され、全身を回っていった後の過程に違いがあるのです。

糖を身体に取り込む「インスリン」

人間はインスリンというものが膵臓(すいぞう)という臓器のランゲルハンス島と言われる場所で作られています。このインスリンは血管の中で「糖」を身体の中の細胞に取り込む仕事をしています。インスリンがある事で血液により運ばれてきた栄養を各々の臓器等に取り込むことが出来、各臓器がしっかりと働けるようになっているのです。

 

ですが、糖尿病の方はこのインスリンの生産が少なくなってしまい、糖を血管から十分に取り込むことが出来ない様になります。

その結果、血管の中で糖があふれてしまい、高血糖という状態が続いてしまうのです。

 

高血糖だと何がいけないの?

高血糖が続くとなぜいけないのでしょうか?

これは簡単に言うと血管がボロボロになってしまうからです。

「糖」というのは大切な栄養でもありますが、必要以上に存在すると血管の動脈硬化を起こしたり、血液をドロドロにして毛細血管を詰まらせたり、とても身体にとって悪いことを引き起こしてしまう事があります。

ですので、身体はインスリン等を分泌する事により血糖値を一定の範囲に保とうとするのです。

どうしたら血糖値が下がるの?

少し上でもお話しましたが、血糖値を下げる方法について詳しく見て行きましょう。

インスリンの働き

さっきも出てきましたが、インスリンの働きが重要になります。

インスリンを分泌する事により、血糖値は下げられますが、糖尿病の方はインスリンが生産されにくい状態になっており、あまりにひどくなってしまうとインスリン注射をして、外部から人工的にインスリンを注射しなくてはいけなくなる場合もあります。

また、肥満になると、インスリンの働きを妨害する物質が分泌されるという報告があります。

やはり一般的に言われている様に肥満は糖尿病にとっても悪い因子の1つになってしまいますので、肥満を解消するのは高血糖をさげる有効な手段といえるでしょう。

筋肉を鍛える

インスリン以外に血糖値を下げる方法として、有効なのは「筋肉を鍛える」という事です。

上記した通り、血液で運ばれた栄養は各臓器等により消費されますが、実は筋肉というのは糖を消費する最大の器官なのです。

筋肉を動かすことでより糖がエネルギー源として燃えて消費されることになります。

しかも、仮に糖尿病の方でも筋肉を動かせば等を消費してくれるのは健康な方と変わりませんので、インスリンが分泌されにくいのであれば、よりこの筋肉を鍛えるという事は重要になります。

ちなみに、筋肉は約7割が下肢についているといわれており、人体で最大の筋肉は太ももの筋肉です。ですので、スクワットやつま先立ちなどを行い、下半身を中心に筋力強化トレーニングを行う事が私のオススメです!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は血糖値について簡単に説明してみました。

まとめると

  • 血糖値は誰でも上がるが、健康な方と糖尿病の方では下がり方が違う
  • 血糖値が常に高いと動脈硬化や毛細血管が詰まったりと血管に悪影響が出る
  • 血糖値を下げるにはインスリンと筋力の働きが重要

といった内容でした。

このように基礎的な知識はとても大切です。

皆さんも食事や運動について一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

血糖値が高いと起こる血管への影響、高血糖はダメ?
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG