話を聞いているふりは○○でOK!コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。

話を聞いているふりは○○でOK!コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。

  • 2019年3月25日
  • 2019年3月25日
  • 健康/心
  • 32view

こんばんは、森の熊♂です。

誰かと会話をしている時、どうでもいい話をされて、どうしても興味がわかない。

だけど、上司だったり、ビジネスの相手だったり、聞かないわけにはいかない時ってありますよね?

そういった時に「話を聞いていますよ~」という印象を付ける方法があります。

今回はそういったお話をしていこうと思います。

 

真剣に聞いてますアピール!秘技「オウム返し!」

早速答えをお教えします。

真剣に聞いているという印象を与える時の心理テクニックとは「オウム返し」です。

「オウム返し」というのは心理学の中で言われる「ペーシング」のひとつで、「ペーシング」というのは相手の話すリズムやスピード、音程の高低、声の大きさなどを合わせる事で親近感を抱かせる心理テクニックのことを言います。

オウム返しで相手の言葉を反復することで、相手は「自分の話をよく聞いてくれていて、自分のことを受け入れてもらっている」と感じるのです。

オウム返しのやり方はいたって簡単で、相手の話す言葉やキーワードを繰り返すだけでOKです。

例を挙げます。

上司「この前、ピアノやってる娘がコンクールで入賞してね」

あなた「入賞したんですか!」

 

上司「家族でGWにハワイに行ってきたんだよ」

あなた「ハワイですか!」

 

などです。

 

基本的には真剣に話を聞いていなくても、ただキーワードを繰り返すだけでいいのです。

それだけで相手は自分の話を聞いてくれていると感じるのです。

もちろん相手をリスペクトしていて、しっかりと相手の話を聞きたいという場合は自分の言葉で感じるままに会話をしていいのですが、どうしてもいい切り返しが思い浮かばなかった場合は「オウム返し」だけでも良いのです。

そういう事を頭の片隅に置いておけば、コミュニケーションをとる時に気負いすぎなくても大丈夫ですよ!

 

まとめ

今回は「真剣に聞いているという印象を相手に与えたい」時や「どうでもいい話だが、相手が相手なだけに話を聞かないわけにはいかない」という時に便利なテクニックをお話ししました。

あなたのビジネスシーンやプライベートの場でぜひ活用してみてくださいね^^

 

話を聞いているふりは○○でOK!コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG