「営業のエース」のプレゼンは何が違うのか。コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。

「営業のエース」のプレゼンは何が違うのか。コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。

  • 2019年4月3日
  • 2019年4月3日
  • 健康/心
  • 31view

こんにちは、森の熊♂です。

あなたの周りに「プレゼン」がなぜかうまい人っていませんか?

「あの人のプレゼンは良かったな」と職場の皆が話していたりする。そんな人のプレゼンと普通のプレゼンというのはどのような違いがあるのでしょうか?

今日はそういったポイントのお話をしようと思います。

 

相手を引き付けるオーバージェスチャー

「あの人のプレゼンは良かったな」と思われる時というのは

  • 「説得力がある」
  • 「印象に残っている」

といった事がポイントだったりします。

この様な印象を残すために必要な仕草というのが「オーバージェスチャー」です。

相手に熱意を伝えたい時は、知識や仕込んだ内容で相手を引き込んでくるのはもちろんですが、それをさらにアピールする手段として、「オーバージェスチャー」が効いてくるのです。

それはなぜかというと、「オーバージェスチャー」が相手を引き付ける力を持っているからです。

一流の演説家がする演説では必ず手ぶりが大きくなります。それを見て「頼もしい、力強い、信頼できる」という印象を持つのです。

この効果を巧みに利用したといわれているのが、ナチス・ドイツの独裁者であるアドルフ・ヒトラーです。

ヒトラーは自身の声が良く通るのと、観衆の目を釘付けにする身振り手振りで人々の熱狂的な支持を得ました。このように演説家として優秀であれば、その人が行った事の「良い・悪い」は別として、聴衆を惹きつける事が出来る。これは紛れもない事実なのです。

また、大きな身振り手振りは演説する自身をもリラックスさせる効果があります。

身振り手振りを大きくしていると次第に気持ちがほぐれてきて、聴衆も聞き入りやすいため、時間が経過するにつれて、より良い雰囲気が出来上がっていきます。

形から入って大丈夫なんです。

声を大きく張り、パフォーマンスを行うようなつもりでやる。

次第にあなたの型が出来てきて、聴衆が良く聞いてくれるようになる。

そうした良い循環が生まれていくにつれ、いつの間にかあなたはプレゼンの名手になっていくことでしょう。

行動が大事ですよ^^

頑張りましょう!

「営業のエース」のプレゼンは何が違うのか。コミュニケーションが苦手な人の為の心理学。
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG