コミュニケーションが苦手な方のための心理学。「○○の内容」ではメールやLINEを絶対に使わないで!

コミュニケーションが苦手な方のための心理学。「○○の内容」ではメールやLINEを絶対に使わないで!

  • 2019年3月20日
  • 2019年3月20日
  • 健康/心
  • 22view

こんにちは、森の熊♂です。

もう3月も下旬になりました。4月から新たに学校や会社に入学・入社する方々は、期待と不安が入り混じっている時期かもしれませんね。

そんな新しい出会いの中でもコミュニケーションがとれるかどうかで日々の楽しさや充実感には違いが出てきます。

今回はビジネスの場面でも、恋愛の場面でも、毎日ほとんどの日本人が使っているツールである「メール」や「LINE」を使用する時の注意点をお話ししたいと思います。

 

メールやLINEの特徴

現代ではメールやLINEなど、直接的に顔を合わせなくても相手とコミュニケーションをとる事が出来るツールが存在します。

これらはプライベートの場面だけでなくビジネスの場面でも欠かせないツールとなってるので、その特徴を踏まえて正しく活用していく必要があります。

では、その特徴とは何なのでしょうか?

それはメールやLINEというのは他の情報が入りにくい「閉ざされた空間」でのコミュニケーションだという点です。

チャットも同じようなものですが、「メールやLINE」は字ずらを追っていくコミュニケーションですので、自分の中のイメージが膨らみやすく、言葉の意味内容からその場面を想像力が働きやすく、感情的な高ぶりも起こりやすいのです。

例えるなら映画よりも小説の方が読んでて情景を自身でイメージする想像力が働きやすいといった具合です。

こういった特徴があることを認識したうえで、どういった場面で「メールやLINE」を使ったほうが良いのか、また、どういった場面では「メールやLINE」の使用を控えたほうが良いのかをお話ししたいと思います。

 

メールやLINEを使った方が良い場合

ズバリ言えば、「幸せなお知らせやロマンチックな内容」はメールやLINEで伝えるほうが感情的な盛り上がりが生まれます。

最近多いですが、SNSなどのインターネット上の空間で出会った男女が、僅かな期間だけしかコミュニケーションをとっていないにもかかわらず、恋心に発展し、付き合ったり結婚に至ったりする事があるのは「圧倒的な感情的な盛り上がり」によるものだと思われます。

SNSという閉ざされたコミュニケーションの場での感情の高ぶりがあってこそなのです。

また、恋人関係でマンネリ化している場合は、リアルで会うことを思い切って数週間やめて、メールやLINEでの連絡や、インターネット上でのチャットなどを行うことでお互いのいい面だけを見せる事が出来ます。

そういった環境で恋人になる少し前の感情をもう一度思い出させるようなロマンチックな内容を演じる。そうする事で、一度離れかけた気持ちが再び再熱し、関係を修復するのに役に立つことがあります。

 

メールやLINEを使わない方が良い場合

では、使わない方が良い場合はどういう場面でしょうか?

それは「謝罪やクレーム対応」などの場合です。

先ほどメールやLINEの特徴として「自分の中のイメージが膨らみやすく、感情的な高ぶりも起こりやすい」とお伝えしました。

「良く」も「悪く」もイメージや感情の高ぶりというのが起こりやすいのです。

ですので、謝罪の場面やクレームの対応などでメールやLINEを使ってしまうと、相手は「怒り」や「不快」の感情が無意識的に高まりやすくなってしまいます。

また、こちらが「真摯に反省している」という態度を視覚的に伝える事が困難になるため、相手に「しっかりと対応をしてもらった」というイメージが刻まれにくいというデメリットもあります。

謝罪する時には真摯に対応することはもちろんですが、少し言い方が悪いかもしれませんが、心理学的なポイントとしては「心から反省していますというイメージ」を「操作」して、「相手の感情をコントロールする事」が大切なのです。

 

まとめ

今回はメールやLINEを使用する時の注意点についてお話をしました。

これらは相手の感情を意図的にコントロールする上でのポイントとなります。

実生活において応用することが比較的容易く出来ますので、これからの新年度の新たな出会いに向けて予習しておいてくださいね^^

コミュニケーションが苦手な方のための心理学。「○○の内容」ではメールやLINEを絶対に使わないで!
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG