コミュニケーションが苦手な人が「自分を嫌っている人物」を操るたった1つの方法

コミュニケーションが苦手な人が「自分を嫌っている人物」を操るたった1つの方法

  • 2019年3月21日
  • 2019年3月21日
  • 健康/心
  • 36view

こんにちは、森の熊♂です。

あなたには、どうしてもソリが合わない。なんか話にくい。でも仕事をする上で最低限の「報告・連絡・相談」はしないといけない等々。。。会社の上司や同僚、学校のクラスメートなどに、そんな方は居ませんか?

私も以前はそういった方に話しかけるのはストレスでした。なるだけ合わないように過ごしたり、最低限の連絡だけで過ごしていました。

こういった相手との会話は話しかける前からドキドキしますし、コミュニケーションが苦手な方であれば、さらにストレスを感じてしまう場面ではないでしょうか?

ですので今回はコミュニケーションが苦手と思っている方には物凄く敷居が高いと思われている「自分を嫌っている人」をコントロールする方法についてお話しします。

「好きな人」と「嫌いな人」でのコミュニケーション対応の違い

少しだけ考えてみましょう。

自分に好意的な方と敵意的な方の双方とコミュニケーションをとるうえで明らかな違いが出る事といえば何があるでしょうか?

もちろん、「私の事は嫌いなんだな」と思う様な言動や表情など、主観として感じることはたくさんあると思いますが、物理的に違う事が存在します。

それは「時間」です。

どんな方でも居心地が良い場所や状況であれば、無意識のうちに多くの時間をその場面にかけますが、居心地が悪い状況になると、なるだけ早くその場から立ち去ろうとします。

ですので、お互いが嫌いな人であれば尚更、お互いが早くその場から立ち去りたいと考える為、コミュニケーションをとれる時間が無くなります。

もちろんコミュニケーションをとらなくて良いのであればそれでいいのですが、今後も相手とコミュニケーションをとらなければいけない場面があるのであれば「相手をコントロール」出来る様になっておくと良いですよね?

ですから、時間が無い中で「相手をコントロールする」という事を「どの様にやっていくか」ということが大切になります。

時間が無い中で出来るテクニック。これが嫌いな相手をコントロールする上で必要なテクニックなのです。

 

嫌いな人をコントロールする「たった1つのテクニック」

では結論です。

嫌いな人をコントロールする「たった1つのテクニック」

 

それは「褒めて褒めて褒めまくる事」です。

 

褒めるテクニックというのは好きな相手にももちろん有効なのですが、実は敵意むき出しの相手さえもコントロールする事が出来るのです。

好きでもない相手をほめるのは少し不快に思う事かもしれません。

ですが、あなたが自分の嫌いな人物を手なずけて「その人とのコミュニケーションが劇的に良くなり対応が苦でなくなる未来」が待っているのであれば、そんな不快は大した事ではないでしょう。

 

では、なぜ褒める事でその方の対応が変わるのでしょうか?

それは心理学でいう「認知的不協和」という概念が働いています。

これはアメリカの社会心理学者レオン・フェスティンガーという方が提唱した概念で

「人は何らかの出来事に遭遇した際、その出来事が今まで思っていたのと違う状況の時(不協和)に、それを解消しようとする気持ちが働く」という心理を説明したものです。

今回の「自分の嫌いな人に褒められる」というシチュエーションもそれにあたります。

相手からすれば「褒められるはずのない相手から褒められる」という不協和が生じています。

そのため、心の中ではその不協和を解消しようと「あいつは案外いいやつなのかもしれない」と思い込む作用が働くのです。

ビジネスを例に挙げますが、以下のような場面のように相手が手柄を勝ち取った時などが最適です。

「A社の契約を勝ち取ったんですか!あそこの担当者は気難しい方でしたよね、さすがですね。」

「私がA社の○○さんと打ち合わせした時に、前回一緒に仕事をしたと言ってあなたの名前が出ました。先方からとても気に入られていましたよ。」

などです。

こういった褒める機会を少しずつ設けることで、相手は次第にあなたとの会話が嫌なものではなくなり、徐々に飼いならされていく状況になっていきます。

あなたに対しての嫌な感情は次第に薄れてき、いつしか敵対心消え、こちらの言う事を聞き入れる心理状態となります。

ここまでくると、相手は「返報性の原理」で、いつも良い情報をくれるあなたに対して何とかお返しをしたいと思う心理状態となります。

このように、「相手を褒める」という感覚を自分の中にいつも持っていると、自分に敵対していた人物をも味方にする事が出来るのです。

 

まとめ

今回は「自分を嫌っている人物」を操るたった1つの方法についてお話ししました。

本当に効果が高く、悪用厳禁です(笑)

自分を嫌っている相手というのは基本的にはこちらの話を聞く体制ではありません。

ですのでこのようなテクニックで相手に自分の言葉を聞き入れる体制を整えてからでないと、自分に好意的な感情を植え付けていくことは不可能です。

自分にとって「嫌な人」であっても、褒める技術を身に着け、掌の上でころがしていくと良いですよ!

 

コミュニケーションが苦手な人が「自分を嫌っている人物」を操るたった1つの方法
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG