NO IMAGE

変形性腰椎症(推定患者数:3,790万人)

  • 2019年2月8日
  • 2019年3月15日
  • 健康/体
  • 36view

「変形性腰椎症」とは腰部の脊椎(背骨)の椎間板が痛んだり、椎骨(背骨)の変形が起き、痛みなどの症状が生じる状態です。

 

混同されやすい病名に「脊柱管狭窄症」があります。

 

「脊柱管狭窄症」との違いですが、「脊柱管狭窄症」は背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなる病気です。それに対し「変形性腰椎症」骨自体の変性が見られるので、レントゲン撮影で病名を確定する事が出来ます。

また、「変形性腰椎症」は上記の通り背骨自体の変性であるため、その症状が神経の通り道(脊柱管)付近で起これば「脊柱管狭窄症」を合併して引き起こす事になります。

 

 

「症状」

腰痛やでん部(お尻)の痛みやだるさが見られます。

 

「原因」

加齢による椎間板の脆弱化(もろくなった状態)によるものや

腰部への特徴的または過度の負荷によって発症すると言われています。

 

「特徴」

痛みは腰部からでん部にかけて広い範囲に生じることが多く、変形が進んで高度になると慢性の疼痛(痛み)や可動域制限(関節の動きにくさ)が生じ、時に神経症状(ビリビリ、チクチクといった痛みや感覚が鈍くなるなどの症状)が生じます。

 

※腰痛症の種類一覧に戻る

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG