電脳・店舗せどりのおすすめツール!Keepaの見方

 

こんにちは、もりかずまです。
≫もりかずまのプロフィール

今回はモノレート閉鎖後にモノレートの代用として一層注目を浴びているKeepaの見方について解説します。

私はモノレートが閉鎖される前にもKeepaをモノレートと併用して使用していました。もちろんメリットがあったから、そうしていたのですが、その点も含めてお話致します。

KeepaはWeb上のサービスです。下記URLからアクセスして下さい。

URL:https://keepa.com/

せどりのツール、Keepaのグラフの見方

 

【項目の意味】
Amazon ・・・Amazon本体による出品の有無新品 ・・・新品商品の価格グラフ

中古 ・・・中古商品の価格グラフ

売れ筋ランキング ・・・売れ筋ランキンググラフ

参考価格 ・・・参考価格

コレクターアイテム ・・・コレクターアイテムの価格グラフ

New 3rd Party ・・・(送料込みの)自己配送による価格。注文日。

倉庫 ・・・用途不明

Amazonによる配送 ・・・FBA倉庫より配送された商品の価格。注文日。

Buy Box ・・・カート価格で販売した商品の価格。注文日。

中古品-ほぼ新品 ・・・ほぼ新品コンディションで販売された商品の価格。注文日。

中古品-非常に良い ・・・非常に良いコンディションで販売された商品の価格。注文日。

中古品-良い ・・・良いコンディションで販売された商品の価格。注文日。

中古品-可 ・・・可コンディションで販売された商品の価格。注文日。

この中で感覚的に理解し辛い項目や、今一度理解しておいた方が良い項目について掘り下げて解説致します。

売れ筋ランキングで売れ行きを把握する

Keepaをモノレートと同じように仕入れ判断の為に使用する場合は、Keepaの中の「売れ筋ランキング」のグラフを見ます。

例として、上記に1例として、ある商品のKeepaのグラフを貼りました。緑のギザギザの線が「売れ筋ランキング」で、Amazonのランキングの変動を見る事が出来ます。

このランキングの変動により商品が売れたかどうかを判断する事が出来ます。

せどりで仕入れ判断をする際は、Keepaで「売れ筋ランキング」のグラフを見る事で、Amazonのランキングの変動を見る事が出来ます。

モノレートと同じで、緑のギザギザがランキングの変動を表しています。緑のグラフが下に下がった所でランキングが上がっています。つまり商品が売れたという事ですね。

これを見れば、かつてのモノレートと同じように商品がどれくらい売れたのか分かりますね!

新品アイテム数or中古アイテム数でライバル数をチェック

また、出品者数は新品もしくは中古アイテム数で判断する事が出来ます。この項目からライバル数をチェックしましょう。

さらに、右側の期間の値を変化させる事でご覧になりたい期間に合わせてデータを表示させる事が出来ます。

Amazon本体の有無を見よう

KeepaではAmazon本体の有無を確認することが出来ます。

上記の画像では7月までの間はオレンジのような色でラインの下が塗りつぶされています。

このオレンジ色がある時はAmazon本体がその商品を売っていた時期です。つまり、7月までのほぼすべての期間でこの商品はAmazon本体が販売しており、7月以降はAmazon本体が扱っていない商品になったという事を表しています。

△マークで確実に配送された形跡を確認する

上記画像の中にや△のマークがあります。

このマークがオレンジ色であればAmazonから配送された商品、つまりFBA倉庫から出荷された商品である事が分かります。

このAmazonからの出荷というのはAmazon本体が販売している場合だけでなく、他のライバルセラーの商品がFBA倉庫から出荷された場合も表示されます。

△マークが黒色であれば、中古品が売れて配送された事を意味します。

モノレートの代用としてKeepaを使おう

モノレートが閉鎖された2020年7月以降、多くのせどらーさんがKeepaをモノレートの代用として使用する様になりました。

Keepaはモノレートの仕入れ判断機能を代用する、数少ない優秀なツールです。

せどりをしていく上で、過去にどの位の個数、いくらで売れたのかという機能は絶対に必要な機能です。

それをKeepaで見て行くわけです。

Keepaで売れ筋ランキングのグラフを見るには有料会員になる必要がある

Keepaで売れ筋ランキングのグラフを見るには有料会員になる必要があります。

つまり、Keepaをモノレートの代用として使用するならば、Keepaの有料会員になる必要があるのです。

Keepaの有料会員価格は月額15ユーロで、日本円に直すと大体1900円程度です。

年払いにすると年149ユーロで月額で12.4ユーロ程になります。

KeepaをGooglechromeの拡張機能に追加してAmazon商品ページからそのまま仕入れ判断をしよう

 

KeepaはGooglechromeの拡張機能にも追加する事が出来ます。

Chrome ウェブストア

追加するには↑のGooglechromeウェブストアにアクセスしましょう。

Googlechromeの拡張機能に追加すると、Amazon商品ページの中央付近に上記画像の様にKeepaの売れ筋ランキング、商品数のグラフが表示され、仕入れ判断までを1ページ内で見る事が出来ます。(下記図)

電脳で仕入れをする場合などにとても重宝しますね!

是非、Googlechromeの拡張機能にも追加して効率よくリサーチを出来るようにしましょう。

店舗せどりではリサーチツールにKeepaを入れて仕入れ判断をしよう!

店舗せどりではリサーチツールにKeepaを入れる事で仕入れ判断を行う事が出来ます。

私はせどりすとプレミアムを愛用していますが、せどりすとプレミアムでももちろんKeepaを入れる事が出来ます。

店舗せどりの際、私はせどりすとプレミアムからKeepaのグラフを見て仕入れ判断を行っています。

実は元々Keepaのデータはモノレートより優秀だった?

Keepaを2020年9月現在、私はKeepaのデータを見て商品の仕入れを判断しています。

モノレートは無料で使える非常に優秀な神ツールでしたから、多くのせどらーさんが常に使用していました。

ですが、実はそんなモノレートにも多少弱点がありました。

それは、実はモノレートは商品によっては、売れた個数を表すランキングの推移などを全て拾えているわけでは無かったのです。ランキングの推移(売れている個数)を把握するのは、モノレートがあった時代から実はKeepaの方が優秀なツールだったのです。

そのため、私はモノレート閉鎖前から、モノレートをみて仕入れ基準で悩んだ商品は、Keepaで確実に売れている個数を確認して仕入れ判断をするようにしていました。

ですので、私はモノレートが閉鎖された後も、そのままKeepaを見てリサーチをする事にあまり抵抗がありませんでした。

モノレートが無くなった現在では、私はKeepaこそがモノレートに代わりうる、非常に優秀な仕入れ判断ツールだと確信しています。

終わりに

いかがでしたか?

今回は電脳せどりでも店舗せどりでも、仕入れ判断の役に立つKeepaの見方について解説しました。

Keepaは本当に優秀なツールです。

この優秀なツールを月額2000円弱で使えるのは非常に強力な武器になります。

有料ツールには、なかなか手を出したくないと思っている方もいるかもしれませんが、モノレートが無くなった現在では、Keepaもしくはデルタトレーサーのいずれかは必須となりました。

適切な知識と必要最低限のツールにはしっかりと自己投資して、ガンガン生涯年収を増やして行きましょう(^^)/

生涯年収を上げる「せどり」に興味があれば、まずは下記より登録して私からの無料プレゼントを貰ってくださいね!
⇒続きは無料のメルマガオンラインサロンへ!

メルマガサロンに参加してプレゼントを貰う!

最新情報をチェックしよう!
>プレゼントをお受け取りください!

プレゼントをお受け取りください!

ビジネス初心者でもノーリスクで数万円稼げるセミナー動画をプレゼントしています。

CTR IMG