人気書籍「7つの習慣」の感想・レビュー 「自分の人生」を考える

人気書籍「7つの習慣」の感想・レビュー 「自分の人生」を考える

こんにちは、森の熊♂です。

今回は

人気書籍「7つの習慣」の感想・レビュー 「自分の人生」を考える

についての動画を撮りました。

以下内容です。

「7つの習慣」

副題「人格主義の回帰」

 著者:スティーブン・R・コヴィー博士

長期的な成功を手に入れる為に

社交的なイメージの作り方など、表面的なテクニックによって成功しようとする「個性主義」は長期的な成功に役に立たない。

誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐など人間の内面にある人格的な部分を磨く「人格主義」でしか真の成功は得られない。

「7つの習慣」とは「人格主義」を磨くための具体的な習慣作り。

関連著書

「嫌われる勇気」で知られるアドラー心理学の考え方にも近い。

「嫌われる勇気」

 ↳理論的・哲学的

「7つの習慣」

 ↳実践的・現実的

「7つの習慣」の目的

真の成功を得る。

そのためには

「依存→自立→相互依存」と成長していく必要がある。

1~3の習慣は

「依存→自立」

私的成功の習慣

4~6の習慣

「自立→相互依存」

公的成功の習慣

継続的に成長していく為に「第7の習慣」がある。

第1の習慣「主体的である事」

自分の行動は「100%」自分次第!

周囲にどんなことが起こってもそれは単なる現象。

大切なのは、その現象にどの様に反応するかという事。

第2の習慣「終わりを思い描く事からはじめる」

人生においての意思決定の判断基準を持つ!

周日常の細かい事に振り回されない事で、人生を望まない方向へ進ませない。

  1. どの様な人間になりたいか?
  2. 人生を通じて何をしたいか?
  3. 土台となる価値観は何か?

これらを考え続ける事が大切。

第3の習慣「最優先事項を優先する」

緊急度が低くて優先度の高いものを沢山行う。

人と人が力を合わせて結果を出すための「公的成功」をもたらす

第4の習慣「Win-Winを考える」

競争の場→協力の場へ

すべての人間関係においてお互いの利益になるような結果を見つけようとする考え方の習慣

第5の習慣「まず理解に徹しそして理解される」

コミュニケーションの習慣。

相手を理解する前から理解した気になる。

        ⇑

この状態では互いに協力し合うレベルには至らない

第6の習慣「シナジーを作り出す」

シナジーとは全体の合計が個々の部分の総和よりも大きくなる事

↳「1+1+1+1=6」

  1. お互いが自立し合っている
  2. Win-Winが考えられている
  3. お互いが違いを受け入れ尊重し合っている

が条件。

第7の習慣「刃を研ぎ続ける」≪価値を維持し高めていく習慣≫

「肉体面」健康面に気を付ける。

良いものを食べ、十分に休息を取り、適度に運動する。

「精神面」自分の核となる価値観を大切にする。

守り続ける。

「知性面」日頃から知識を吸収し学び続ける。

「社会面」他社と情緒的なやりとりから自他共に学びを深め続ける。

これらの成功のプロセスを育てる事で、成功のらせん階段を昇り続ける事が出来、個人の成長のみならず、自分を含んだ社会の成長と発展への貢献が出来る。

人気書籍「7つの習慣」の感想・レビュー 「自分の人生」を考える
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG