アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んて私なりの感想・レビュー

アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んて私なりの感想・レビュー

こんにちは、森の熊♂です。

今回は

アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んて私なりの感想・レビュー

をしていきたいと思います。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」はご存知でしょうか?

この本には「生きづらさ」から抜け出し人生を幸せに導く方法について書かれています。

まずアドラー心理学の「嫌われる勇気」のあらすじ

アドラー氏によると「全ての悩みの原因は対人関係にある」とされています。

例えば思考実験として

「仮にこの地球上に人間が自分一人だと仮定すると、今まで気にしていた悩みの種がすべて消え去っていくのが実感できるのではないか」

と言っています。

この本には生きづらさからの解放をテーマとして、心を穏やかに幸せな気持ちで過ごせるための実践的なノウハウがちりばめられています。

その中でも対人関係における生きづらさを取り除く事こそが、人生を幸せに生きる為の大きなプラスの影響を与えるとされています。

どうして人は生きづらさを感じてしまうのか

アドラー氏によると生きづらさを引き起こす元凶となるのは3つの要因からだとされています。

生きづらさを引き起こす元凶となる3つの要因

  1. 承認欲求をベースに対人関係を構築してしまう。
  2. 競争意識をベースに対人関係を捉えてしまう。
  3. 他者と自分の課題を混同してしまう。

この3つの捉え方が人生の生きづらさにつながるような悩みになっている、とされています。

承認欲求をベースに対人関係を構築してしまう。

承認欲求に支配されたままだと人生の全てが他者に認めてもらうためだけになってしまう。

他者の期待を満たすためだけに生きているわけではない。

だから、承認欲求を優先する事で人生が不自由になる、と言っています。

ですので、他人から好かれようとしない。つまり嫌われても別に良いという勇気を持つ大切さが教えられています。

競争意識をベースに対人関係を捉えてしまう。

競争意識をベースに対人関係を捉えてしまうと、気付いた時には周りは敵だらけとなる。

他人より上にいる事が安心で、下にいれば恐怖を感じる様になる。

人生を通じて勝ち続けるのは不可能でいつか敗北を味わい劣等感にさいなまれるとされている。

理想の自分と今の自分との比較をして健全な向上心を培う大切さが教えられている。

他者と自分の考えを混合させてしまう。

他者の課題と自分の課題の垣根を越えて踏み込んでしまう(干渉してしまう)事でトラブルが引き起こされるとされている。

他者が自分をどのように評価するかはその人次第。自分にはどうする事も出来ないからそもそも気にしないべき。

逆に自分の課題に関しては100%自分次第で自分の課題に他人の意見を介入させて自分の意見を嫌々曲げる事は全くしないでいい。としている。

 

アドラー心理学に学ぶ、人生を幸せに生きるための3つの方針とは

  1. 承認欲求と競争意識は捨てて、理想の自分との対話だけを残す。
  2. 自分と他者の課題の分離を徹底する。
  3. 仲間に対する貢献感を養う。

承認欲求と競争意識は捨てて、理想の自分との対話だけを残す。

承認欲求と競争意識は人生の価値基準から取り除くべき、とされている。

そして思い描く理想の自分と1:1での対話を人生の中で取り組むことが推奨されている。

その中で生まれるのは健全な劣等感で、それを解消するために努力する事は自分らしさを磨く事で幸せな人生への導きと教えられている。

自分と他者の課題の分離を徹底する。

あらゆる対人関係のトラブルは他社と自分の課題の混合にあると述べられているから。

他人が自分をどう思うかは100%他人次第でどうする事も出来ないのだから、そもそも気にしない。

だから他人に嫌われてもよいという勇気を持つことは他人と自分の境界線をはっきりと見極めれている証拠である。

だから他人の期待に応えようという気持ちもいらず、自分が何をしたいのか、自分の理想は何なのかという自分の課題と真剣に向き合う事が大切だと教えられている。

仲間に対する貢献感を養う。

人間は仲間とみなしたコミュニティーに対して無条件の貢献を行う事でそのコミュニティーの中で自分は意味のある存在であるという貢献感を養う事が出来る。

嫌われる勇気の中で語られる幸福の定義はこの貢献感に(コミュニティーの中に自分の居場所が)あると感じる事とされている。

森の熊♂の感想・意見

ここまでで、アドラー心理学の嫌われる勇気の内容を大まかには分かって頂けたと思います。

そのうえで、あくまで私個人の意見を言いたいと思います。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」はとても為になる本だと思いますが、いくつか共感できない部分も存在しました。

その中の一つとして、私は「生きづらさ」は対人関係だけでなく「心と体の健康」や「お金」にも関係する事だと思っています。

なぜなら私は6度の手術を受けたことによってお金が底をつき、どん底の生活を送った事があるからです。

あの時の私は明らかに「生きづらさ」を感じていました。

不安で不安で仕方ない日々を過ごしていました。

だからこそ、ビジネスを行い収入を得る事の大切さや、健康の大切さを身に染みて感じたのです。

アドラー氏が言うように、仮にもし、もともと地球上で自分一人しか人間がいなければ、悩みの種は出てこないのかもしれません。

ですが、私達はすでに一人でない事を知っています。もし、今この瞬間から私が地球上で一人だけの人間となってしまったら、私は「生きづらさ」を感じるでしょう。

なぜなら人は他者と共に生きていく社会を知っているからです。社会を知れば、一人になった時には孤独を感じます。

その孤独は私にとって耐えがたいほどの「生きづらさ」を生んでしまうのではないでしょうか。

私は人は一人では生きていけないと考えています。

だからこそ助け合います。

ビジネスも一緒ですよね。

お客様という一人の人間にあなたの価値を提供する事で、お客様は喜んであなたに対価を渡します。

これは忘れてはいけない事だと思います。

ネットビジネスでははっきりとお客様の顔が分かりません。ですので、オフラインのビジネスだと当たり前の事である、お客様は人である。人を相手にするのがビジネスであるという基本を忘れてしまいがちなのです。

「どうやったら人(お客様)は喜んでくれるのか」

「あなたの提供できる価値は何なのか」

これを常に考えていかなければなりません。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んて私なりの感想・レビュー
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG