中村哲医師の偉業と私自身が中村医師に学んだ事

こんにちは、森の熊♂です。

皆さんは中村哲医師を御存じですか?

多くの功績を残された私が尊敬する医師の一人ですが、残念な事に2019年12月4日にアフガニスタンのジャラーラーバードにて何者かに銃撃され帰らぬ人となりました。

私自身、中村医師の行ってきた行動に感動し心揺さぶられた人間の内のひとりで、上記の事件を聞いた時は深く悲しみを感じました。

中村医師は私に「生き方」を教えて下さった、私の尊敬する人物のひとりです。

今回お話しするべきか悩みましたが私の情報発信に触れている方々に「生き方」を考えるきっかけとなっていただけたらと思いましたのでお話ししていきます。ご理解下さい。

中村哲医師の偉業と私自身が中村医師に学んだ事をお話をしていきたいと思います。

中村医師は様々な業績や表彰を受けていらっしゃいますので、抜粋して以下に紹介します。

中村哲医師の経歴

中村哲医師は1973年に九州大学医学部を卒業したのち国内病院に勤務し、1984年にパキスタンのペシャワールに行かれてハンセン病を中心とした医療活動に従事される。

その後、パキスタン国内での活動が困難となり、その後はアフガニスタンに拠点を移して活動を始める。

2003年には平成の天皇である明仁上皇(平成の天皇)と美智子上皇后(平成の皇后)にアフガニスタンの現状の報告を行う。

2009年には(平成の)天皇陛下御在位20年記念式典に列席される。

2010年にアフガニスタンにてガンベリー砂漠まで総延長25kmを超える用水路を完成させ約10万人の農民の暮らしを支える基盤を作成される。

2013年には第24回福岡アジア文化賞大賞、第61回菊池寛賞を受賞される。

2016年には現地の方が自分たちで用水路を作れるような訓練校を作りはじめ、住民の要望によりモスク(イスラム教の礼拝堂)やマドラサ(イスラム教の教育施設)を建設され、旭日双光章を受章される。

2018年にはアフガニスタンの国家勲章を受章される。

中村医師は常に困っている人の事を考えて行動していた

私が中村医師を尊敬していた理由は、

「中村医師が常に現地の方々の健康や生活を改善させようとして尽力されていたという事実」です。

中村医師は医師の常識を超えてその地域の方々の事を考えていました。

当時の現地では水が圧倒的に不足しており、その水不足により幼い子供達も簡単な感染症で死に至るほどの重症化を起こす事があったのだそうです。

そこで中村医師は水不足の改善をするために水路を引く事を考え、自ら白衣を脱ぎ、実際に行動に移しました。

医師としての関わりだけでなく、本当の意味で困っている方々に自分に何が出来るのかを考えて行動したのです。

さらにその水路を完成させるとさらに自分に出来る事を考えて行動されました。

その結果、現地の方が自分たちで用水路を作れるような訓練校を作りはじめ、住民の要望によりモスク(イスラム教の礼拝堂)やマドラサ(イスラム教の教育施設)まで建設し、その地域の方々の事を常に考えて行動されていました。

たくさんの人々が彼に感謝していたでしょうし、尊敬もしているでしょう。

私自身も中村医師は本当に素晴らしい医師であり、尊敬できる人間だと思っています。

私が中村医師に学ぶ事

中村医師は自ら危険な地域に赴きたくさんの方々を救ってきたと思います。

必ずその意思は継がれ、これから先も途切れる事はないでしょう。

また、それはその地域の人だけでなく、中村医師の生き様に触れた人達の心には強く焼き付くと思います。

私も元々は医療従事者ですので、中村医師の強い意志、信念には心揺さぶられ、自分には何が出来るのかと考えさせられました。

残念ながら私には中村医師と同じ事はできません。

ですが、だからこそ、私達も「自分に何が出来るのか」を考え続けなければいけないのです。

私に出来る事は何なのか

私は6度の手術を受け、その結果お金も健康も全て失い「生きづらさ」を感じている時期がありました。

そんな経験をした私だからこそ、私に関わる方々には「生きづらさ」から解放されて生きていただきたいと本気で思っています。

現在の日本では戦争があっているわけではありませんので、中村医師が活動してしたアフガニスタンの様に、生活するうえで本当に命に関わるような事は日本ではありえません。

生きていくだけであれば生活保護もあります。

ですが、一度働けなくなってお金も健康も失った私は、お金の重要性というのはとてもよく理解できました。

お金の話をするのに抵抗がある方も多く居らっしゃると思いますが、そんな方々は本当の意味でお金に困った経験はないのだと思います。

この資本主義社会であれば、お金を稼ぐという事がなければ自分が誰かを支援をしたいと思っても金銭的な援助は不可能ですし、それ以前に自分の生活にゆとりが無ければあなたが支えたいと思っている人の為に何かをしてあげたいとしてもそれは不可能なんですよね。

だからこそ、私は現代の日本でも誰しもが自分の力で収入を得る力を身に着ける事はとても重要な事だと思っていますし、私がそういった「生きづらさからの解放」について情報発信する事は誰かを助ける事に繋がっていると信じて行動しています。

特に

  • 今、現状で生きづらさを感じている方
  • 医療福祉業界の方
  • 育児・教育に携わっている方
  • 誰かを支えようとしている方

には私の情報に触れていただきたいと思っています。

私は自分に本当に辛かった過去があったからこそ自分の力を伸ばそうと努力しました。

余裕がない時には自分の生活を豊かにするために行動していいと思っています。

豊かになれば争いは減りますし、豊かになれば誰かを支える余裕が生まれます。

実際に稼げるようになったら、次は誰かの為にあなたが何が出来るのか考えてみてください。

最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG