店舗せどりのおすすめツール!せどりすとプレミアムのメリットとデメリットを解説

  • 2020年8月30日
  • 2020年11月21日
  • ツール

メルマガ登録でせどリハを無料でゲット




   
   
  




 

こんにちは、もりかずまです。

≫もりかずまのプロフィール

今回は店舗せどりのおすすめツール!せどりすとプレミアムのメリットとデメリットを解説します。
このせどりすとプレミアムは私も愛用している有料ツールです。
せどりすとプレミアムを使用し始めて、資金面の管理が非常に楽になりました。これは嬉しい誤算でした。
店舗せどりをさせている方であれば、非常に効率化を図れるツールですので、今回の記事を参考にして使用を検討してみてはいかがでしょうか?

せどりすとプレミアムのメリット

せどりすとプレミアムを使用して私が感じているメリットは以下の通りです。
  • アプリ内でリサーチ、仕入れがスピーディーに完結する
  • 会計待ちの間に出品が完了する
  • プライスターとの連携が出来る
  • 仕入れ金額や見込み利益などの資金管理が容易
  • 仕入れ店舗や仕入れ時期などのリスト管理が容易
  • コンディション毎に説明文テンプレートを用意できる
では一つずつ見て行きましょう。

アプリ内でリサーチ、仕入れがスピーディーに完結する

まず第一にメリットを挙げるならこれです。

せどりすとプレミアムを使用する一番の目的は「時短」です。

いかにリサーチ時間を短縮し、効率的に仕入れを行えるかという事がリサーチツールを使用する目的です。

せどりすとプレミアムでは、前もって設定を行っておきさえすれば、リサーチした瞬間にボタン一つで

  • 利益計算から過去の売れ行き
  • 売れた価格
  • 他販売者数
  • ランキング
  • Amazon本体の有り無し
  • 販売リスク等

を見る事が出来ます。

また、イヤホンとKDC200等のバーコードリーダーを連携させる事で、リサーチ中に目の前の商品が利益商品だった場合のみ通知される様にする設定など、圧倒的にリサーチ効率を上げる事が出来る様になります。

↓KDC200の設定方法です。(せどりすとプレミアム運営者の1人みそらんさんのyoutube動画)

私は以前、まだ大したノウハウを持っていなかった頃に、当時6時間の仕入れ時間で21店舗を回り1日で20万以上の見込み利益を達成した時がありました。当時それを達成できたのはこのせどりすとプレミアムとビーム(バーコードリーダー)の力が手助けしてくれたと思っています。

店舗の会計待ちの間に出品が完了

仕入れした商品は会計を待っている間に出品まで行えてしまいます。

せどりすとプレミアムではセラーセントラルとの紐づけがされている為、アプリから出品作業を完結させる事が出来ます。

また、セラーセントラルからの出品では必須の危険物情報の入力を、せどりすとプレミアムからの出品であれば省略する事が出来ます。

例えば100商品もあればセラーセントラルからひとつひとつ出品作業をすると、気が遠くなる程時間がかかりそうですが、せどりすとプレミアムであれば、一度に出品する事が出来る為、会計を待っている間に、あっという間に完結します。

↓せどりすとプレミアム運営者の1人みそらんさんのyoutube動画を参考にして下さい。

プライスターとの連携が出来る

せどりすとプレミアムとプライスターが連携が出来る様になりました。

この事で、せどりすとプレミアムで仕入れた商品をせどりすとプレミアム内からプライスター経由で出品する事が出来る様になりました。それにより、従来の「仕入れから出品までをハイスピードで行える」という機能に加えて価格改定ツールであるプライスターの力により、商品を売り切るまでをハイスピード化出来る様になりました。

今まで手動で時間をかけてしなければいけなかった事が、ツールの力により時間も手間もかけずに一通りの工程を全て行えるようになりました。その為あなたは最もお金を生み出す「仕入れ」に自分の時間をより割けるようになるのです。

そうすれば当たり前ですがあなたの収入は増えていくというわけです。

↓せどりすとプレミアム運営者の1人みそらんさんのyoutube動画を参考にして下さい。

仕入れ金額や見込み利益などの資金管理が容易

次に、仕入れ金額や見込み利益などの資金管理が容易になるという事です。

このメリットに気が付いたのは、私が実際にせどりすとプレミアムを使い出した後でしたが、せどりすとプレミアムを使用する前はエクセルに今日の仕入れや商品リストなどを作成していました。

これが非常に時間もかかり、面倒な作業でした。

物販において資金管理というのは非常に重要な項目です。

これが出来ていない為にいくら純利益が出ているのか、次のクレカの支払いはいくらなのかを計算する事が出来なくなるのです。物販で資金管理が出来ていないのはアウトです。

儲かっているつもりが、むしろ赤字を垂れ流していたなんてことにならないように、資金管理をしっかりする必要があります。

そんな場面でもせどりすとプレミアムを使用すれば、今日いくら仕入れていくらの見込み利益が出ているのかなど、視覚的に簡単に理解する事が出来る様になります。

これは本当にずぼらな私にとって、非常に良い予想外のメリットでした。

仕入れ店舗や仕入れ時期などのリスト管理が容易

これも上記の資金管理に似ていますが、仕入れ店舗や仕入れ時期の管理が容易になります。

せどりすとプレミアムからSKUの設定をしておく事でもし仮に真贋調査やお客様からの問い合わせの様なものが来たとしても、焦る事なく「いつ・どこで」仕入れた商品なのかがはっきりと分かるようになります。

↓私のSKU設定は以下の様にしています。

{yyyy}{mm}{dd}-{asin}-{displayPrice}-{stockPrice}-{quantity}-{storeCode}-M
  • {yyyy}{mm}{dd} … 仕入れた年月日
  • {asin} … 商品のASIN
  • {displayPrice} … 売値
  • {stockPrice} … 仕入れ値
  • {quantity} … 個数
  • {storeCode} … 店舗名
  • M … 仕入れた人の名前

 

↓SKUの設定方法です。(せどりすとプレミアム運営者の1人みそらんさんのyoutube動画)

その為スピーディーに対応する事が出来、ビジネスを行っていく上で様々なリスクを回避する事につながります。

これも非常に良いメリットと言えます。

コンディション毎に説明文テンプレートを用意できる

最後は商品リストに商品説明のテンプレートをコンディション毎に複数用意する事が出来るという事です。

これもいちいちAmazonセラーセントラルから商品を登録していたら非常に時間がかかってしまいます。

せどりすとプレミアムであれば、設定しておく事で、自動で商品説明まで作成してくれます。

あなたがせどりを行う上でストレスになる多くの部分をツールの力で効率化してくれるのです。非常に良いですよね。

せどりすとプレミアムのデメリット

では次にせどりすとプレミアムのデメリットです。
デメリットは以下の事が挙げられます。
  • 月5000円+(税)の固定費が掛かる(初月は10000円+税)
  • 大口出品者でなければメリットが少ない
  • iPhoneユーザーでなければ使用できない
  • 稀にアプリが落ちる事がある
では一つずつ見て行きましょう。

月5000円+(税)の固定費が掛かる(初月は10000円+税)

まず、せどりすとプレミアムは月々5000円+(税)の固定費が掛かります。

初回はさらに初期費用として5000円+(税)が掛かります。

せどりすとプレミアムはご契約日より一ヶ月ごと自動更新される会員ライセンスです。
決済額等は下記のとおりとなります。
初月(今回決済分):10,000円(税別) / 初期費用5,000円+一ヶ月利用料5,000円
次月以降:5,000円(税別) / 自動決済

引用:Sedolist Web

固定費が掛かるのはやはりデメリットになるでしょう。

大口出品者でなければほぼ導入するメリットがない

Amazonの大口出品者でなければ、せどりすとプレミアムのメリットはほぼありません。

小口出品者であれば、せどりすとプレミアムを導入する必要は無いでしょう。

ただ、これからせどりビジネスで稼いでいくならば、大口出品者になる事は必須ですので、この機会に検討してみると良いでしょう。

iPhoneユーザーでなければ使用できない

せどりすとプレミアムはiPhoneユーザーでなければ使用する事が出来ません。

android用のあぷりにせどろいどという無料アプリはありますが、せどろいどにはせどりすとプレミアムの様な上位機種が存在しません。

私も当初はandroidユーザーでしたが、途中からiPhoneに変更し、せどりすとプレミアムを使用し始めました。

稀にアプリが落ちる事がある

もう一つのデメリットとしては稀にアプリが落ちる事があります。

私が実際に使用した経験として、側近の半年間で考えると3回程ありました。

アプリを閉じて再起動すると、すぐ復旧したため、さほど困る事もありませんでしたが、一応こういう事態も起こり得るという認識を持っておくと良いでしょう。

結論としてせどりすとプレミアムは使う価値があるのか?

今までせどりすとプレミアムのメリットとデメリットを解説してきましたが、使う価値があるか結論を言います。
結論を言うと、せどりすとプレミアムを導入する事をおすすめします。
私はせどりすとプレミアムを導入した事で圧倒的にお金になる仕事に時間を使えるようになりました。
月々の固定費が掛かるのはデメリットですが、その固定費を簡単に超える程の利益をもたらしてくれるツールだと確信していますので、これからも私は使い続けるでしょう。

最後に

いかがでしたか?
今回は店舗せどりのおすすめツール!せどりすとプレミアムのメリットとデメリットを解説してきました。
せどりすとプレミアムはせどらーの方で使用されている方も非常に多く、使用方法に迷った時も検索すればすぐに使用方法がわかる解説動画や解説記事が出てきます。
本記事内にもいくつか紹介した様に開発者の1人であるみそらんさんのYoutubeチャンネルでは詳しくせどりすとプレミアムの解説動画がありますので、気になる方は参考にしてみてください。
もしあなたが、豊かな人生を作る「個人ビジネス」に興味があれば、まずは下記より登録して私からの無料プレゼントを貰ってくださいね!
⇒続きは無料のライフリハサロンへ!

メルマガ登録でせどリハを無料でゲット




   
   
  




最新情報をチェックしよう!
>ライフリハサロンに参加してGET!

ライフリハサロンに参加してGET!

CTR IMG