首こり、肩こりと「頭痛・目のかすみ・耳鳴り」の関係

首こり、肩こりと「頭痛・目のかすみ・耳鳴り」の関係

  • 2019年4月26日
  • 2019年4月26日
  • 健康/体
  • 38view

こんにちは、森の熊♂です。

今日は施術中に、私が関わっている患者さんとの会話をしている中で、

「肩がいつもこっていて、目が疲れてるような感じがして頭がズーンとするんですよね」

という事を言われました。

もう7~8年ほど前になりますが、私はドクターの勉強会に参加させていただいた後の懇親会の中で、肩こりと頭痛の関係性について、私の見解が的外れになっていないかを確かめるために、脳神経外科の先生に質問したことがありました。

今日、患者さんとお話ししている時にその時の内容を思い出したので、ちょっとそのお話をしていこうと思います。

 

私が肩こりや首こりを持っている患者さん多数に、お話を聞いた時の訴えとしては

  • 頭痛がする
  • 目がかすむ
  • 耳鳴りがする
  • 頭が重い感じがして気分が悪い

等の症状が多い様に感じます。

これらの症状と肩こり・首こりの関係について「こういう事じゃないかな?」と解剖学的な視点から考えていたことがありました。

 

それをお話しする前に、私が学生の頃に解剖学で習った内容で今回の事に関係するものとして、

  • 脳に行く血管は首側から通る総頚動脈と後頭部側から通る椎骨動脈がある。
  • 総頚動脈は脳の前から2/3程度の範囲の血流を回しており、椎骨動脈は脳の後ろ側(後頭葉)~横側(側頭葉)にかけての後ろ1/3程度の範囲の血流を回している。
  • 脳の後ろから入る椎骨動脈は背骨の中を通って登っていくが、頸椎上部(後頭部の付け根くらい)で脳に入る前に一度背骨の外側に出る。
  • 脳の後ろ側(後頭葉)には目の中枢があり、脳の横側(側頭葉)には耳の中枢がある。

くらいの知識を知っている必要があります。

そのうえで、どういう風に肩こりと頭痛・目のかすみ・耳鳴りが関係するのかと考えたら、私の結論は次の様になりました。

 

  • 後頭部の付け根あたりで一度背骨の外に出る椎骨動脈が首こりを引き起こしている筋肉に圧迫されて椎骨動脈の血流量が減る

       ↓

  • 脳の後ろ側(後頭葉)と横側(側頭葉)辺りの血流量が低下する

       ↓

  • 後頭葉と側頭葉には目の中枢と耳の中枢があるため、そこにちょっとした機能不全が起こる

       ↓

  • その結果、体からの反応として頭痛や目のかすみ、耳鳴りなどが起こる

 

そんな考え方でいいのかを当時お世話になっていた脳神経外科の先生に聞いたところ、

「簡単に考えたらそういう理解でいいと思う」と言っていただきました。

 

という事はシンプルに考えると、この症状を改善させたいと思ったら血管や神経を圧迫している筋肉を緩める事で改善が見込めますよね?

一般の方々は今回お話ししたような医学的な内容を知らなくても、無意識で首をもんだりして筋肉を緩めようとします。

これはもしかしたら本能的に筋肉を緩めて自分の身体に起きている問題を解決しようとしているのかもしれません。もちろん一般の方よりも医学的な知識がある私たちはもっと効率よく肩甲骨周囲から筋肉を緩めていきますので、より症状は落ち着きやすくなりますが、理屈を知らなくても無意識的に治そうとするなんて、そう考えると自分の身を守る人間の自己防衛本能はすごいですよね^^;

改めて考えさせられました。

首こり、肩こりと「頭痛・目のかすみ・耳鳴り」の関係
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG