ストレスが溜まりすぎると病気になる

ストレスが溜まりすぎると病気になる

こんにちは、森の熊♂です。

今回はストレスが溜まると病気になるという事をお話ししていこうと思います。

 

まず、現代社会においてストレスを感じていないという方はいないのではないかと思います。

ストレスとは心身に負担のかかっている状態です。

カナダの心理学者のハンス・セリエ氏(1907~1982)は、ストレスを引き起こす要因をストレッサーと呼び、それによっておこる身体や心の反応をストレス反応と呼びました。

ストレスとは刺激に対する反応と言えます。

つまり人が生きていくにあたってストレスから逃れる事はできません。

ですが、ストレスには悪いものだけではなく、良いものもあるのです。

良いストレスというのは自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたりするものです。

悪いストレスとは不安、過労など、自分の心身に悪い影響を及ぼすものです。

長い間悪いストレスを受け続けたり、非常に高いストレッサーを受け続けると、私たちの心は疲れ果て、その結果、病気になってしまう事もあります。

仕事などでつよいストレスを受ける人の場合は仕事への意欲をなくして「うつ病」に陥ったり、若い女性などはイライラが募って拒食症や過食症といった「摂食障害」になる事もあります。

また、突然冷や汗が出て呼吸が出来なくなる「パニック障害」などもストレス要因と考えられます。

 

ストレッサーは大きく4つに分けられます。

  • 物理的ストレッサー(寒冷、騒音、放射線など)
  • 科学的ストレッサー(酸素の欠乏、過剰、薬物、栄養不足など)
  • 生物的ストレッサー(病原菌、炎症など)
  • 精神的ストレッサー(人間関係のトラブル、怒り、不安、憎しみ、緊張など)

 

または次のように、外部的、内部的な要因によって分ける場合もあります。

  • 外部的ストレッサー(毒素、騒音、異臭、暑さ、寒さ、などの物理、化学、生物的な刺激)
  • 内部的ストレッサー(徹夜、不規則な食事、出産、対人関係などで受ける心労)

 

このなかでも、精神的ストレッサーに悩まされる状態が最も多く、解決策も複雑で難しいと言われています。

 

ストレスが起こる体内の流れを簡単に表すと

内部的・外部的ストレッサーを感じる

     ↓

脳下垂体がストレスを感じて交感神経優位となる

     ↓

心臓(心拍数が上昇し、血圧が上昇する)

副腎(アドレナリンが分泌され、血圧が上昇する)

 

という流れになります。

 

最後にこれも知っておこう!

生物は寒さ、湿度、光、痛み、疲れ、恐怖、不安など様々なストレッサーに直面すると、以下のような三段階の生理的反応を経る事が分かっています。

1、警告反応期(混乱)

ストレスを受けたショックからいったん抵抗力が弱まるものの、再び抵抗力を高める段階

2、抵抗期(適応)

ストレスに抵抗して身体の抵抗力が高まる段階

3、疲憊(ひはい)期

防御反応が限界を超え、再びストレスに対する抵抗力が弱まる段階。

 

以上のようにストレスによって心身の変化が起こります。

現代社会においてはストレスは切り離せないものになっています。

そのため、心身の健康を守るためにもストレスとうまく付き合っていかないといけないですね^^

 

ストレスが溜まりすぎると病気になる
最新情報をチェックしよう!
>森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

森の熊♂の情報発信ビジネスの進め方無料講座

【真っ当な】ネットビジネスである情報発信ビジネスを2週間ほどでお伝えする無料のメルマガ講座です。 動画と文章でお伝えしていきます。 個人で生きる力を身に着けたい方、興味のある方は是非ご覧ください。

CTR IMG