コカコーラVSペプシ

小さな会社の最強ネット集客術!

From:もりかずま

 

 

あなたは、好きなコーラはありますか?

 

 

これを見ているあなたは、もしかしたらコーラは飲まないという方かもしれませんが、ちょっとおもしろい研究結果を見つけたので、シェアしたいと思います。

 

 

昔、アメリカで行われた調査なのですが、街中で、100万回もの試飲を行い、コーラの味についての調査が行われました。

 

 

調査の方法は簡単で「何のコーラか」が分からない状態でコーラを2つ用意してしました。

 

 

そして、

「どちらのコーラが美味しかったですか?」

と聞いたのです。

 

シンプルですよね?

 

 

この調査で比較されたコーラは、

 

・コカコーラ

・ペプシ

・ロイヤルクラウンコーラ

 

3種類でした。

 

 

そして、

 

1.ロイヤルクラウンコーラVSコカコーラ

2.ロイヤルクラウンコーラVSペプシ

 

で比較してもらったのです。

 

 

そうすると、

 

1.のテストでは、ロイヤルクラウンコーラの方が美味しいと答えた人は57%

 

2.のテストでは、ロイヤルクラウンコーラの方が美味しいと答えた人は53%

 

 

だったそうです。

 

 

つまり、この3種類のコーラで飲み比べた時に、美味しいと感覚的に思われたのは、

 

 

「ロイヤルクラウンコーラだった」

という事です。

 

 

ですが、実はこの調査には続きがあって、これをラベルが見える状態で好きなコーラを選んでくださいと言うと、コカコーラを選んだ方が多かったらしいのです。

 

 

つまり、ラベルが分からない状態では、ロイヤルクラウンコーラが一番美味しいと思っていたのに、ラベルを見た時になぜか

 

「ロイヤルクラウンコーラよりもコカコーラを選んだ」という事です。

 

 

これって不思議だと思いませんか?

 

 

ここで考えて欲しいのは、100万人中、60万人もの人がコカコーラやペプシよりロイヤルクラウンコーラが美味しいと言っているのに、それでもロイヤルクラウンコーラを選ぼうと思わないのは、そこに何かが起きているはずなのです。

 

 

これがブランディングの効果です。

 

 

実は、コカコーラ対ペプシでも、同じような事がありました。

 

 

どちらが美味しいかを選んでもらうブラインドテスト(メーカーが分からない様にして試飲させるテスト)では、ペプシがコカコーラに勝ちました。

 

 

ですが、それがコカコーラ対ペプシと分かるようにしてテストすると、今度は65%もの人がペプシよりもコカコーラを好みました。

 

 

私達はラベル、つまりブランドを飲んでいるのです。

 

 

実際にそれが何なのかが分かると、私達の脳の中の快楽中枢が働き出し、認識に影響を与えるのです。

 

 

「より美味しい」つまり「機能的価値が高い」はずのロイヤルクラウンコーラよりも、もっと「美味しくない」コカコーラが売れている、、、

 

 

これは完全に「感情的価値」を上げているから起こる事です。

 

 

この事実は私達が感情でモノを買うという証拠でもあります。

 

 

だからこそ、マーケティングが必要なのです。

 

 

これは別に大企業だからではなく、中小企業でもとても大切な考え方です。

 

 

マーケティングとは、市場があなたの商品やサービスを欲しくなるように持っていく事です。

 

 

あなたのビジネスでも、お客さんへの感情的価値を高める様にして行きましょう。

 

 

そうすれば、コカコーラの様に、機能的価値が高い競合が出てきたとしても、圧倒的に負けないビジネスが出来上がりますよ。

 

 

では、共にあなたの望む未来へ

 

 

―もりかずま

 

 

 

小さな会社の最強ネット集客術!
最新情報をチェックしよう!

メルマガバックナンバーの最新記事8件

>小さな会社の最強ネット集客術

小さな会社の最強ネット集客術

ネットで集客をしたい 起業家、経営者さんへ。 Amazon7冠を達成したネット集客の電子書籍を300名限定でプレゼント! 公開終了するとリンクが切れます。今すぐにお受け取り下さい。 ※Gmailまたはヤフーメールでご参加下さい。それ以外では途中で講座が届かなくなりますのでご注意下さい。

CTR IMG